「金持ち父さん、貧乏父さん」で有名なロバートキヨサキ氏の動画をシェアしたいと思います。

ロバートさんは、ネットワークビジネス押しの一人で有名ですね。
彼の説明する概念に、キャッシュフロー・クワドラントというものがあります。下記の図を見てみて下さい。

E=Employee(従業員)
S=Self employed(自営業者)
B=Business Owner(経営者)
I=Investor(投資家)

 

左側のEとSは、自分の時間を切り売りして収入を得ている側。
自分が働かなくなったら、収入が途絶えてしまう側。

右側のBとIは、自分ではない誰かやお金に働いてもらい収入を得ている側。
自分が働いていなくても、権利的に収入が入り続ける側。

右側に行けば行くほど、実際の労働時間は減っていきます。

 

どちらが魅力的でしょうか?

Futurenetも含むネットワークビジネスは、右側の人間になるための足掛かりとなります。

 

このチャンス、掴んでみたくないですか?

もちろん、努力なしに簡単には右側の人間にはなれないでしょう。
ある程度の時間や労力は必要かなと思っています。(Futurenetの場合、SNSの投稿やWEBでのPRなど、私もそこそこ費やしています(笑))
以前の私は、
「いい会社で安定した収入こそすべて。起業や投資で成功するのは一握り」
とずっと思っていました。

だけど最近の心境の変化として、私は
チャンスを知っていながら、何もせず左側に居続けてはいけないな」

と思い始めました。

・コンビニや居酒屋の店員が日本人から外国人になってきている
・AIが進んで仕事が奪われそう
・年齢も上がってきた
・誰かしら知り合いがリストラされている
・能力主義の時代、仕事でメンタルもきつい時代、必死で耐え抜かないといけない

 

こんな状況を目の当たりにして、今のままじゃまずいなと思いました。
そして、下記の動画を見て決心しました。

特に私は、I(投資)の側に行きたいと思っています。
お金にお金を増やすよう働いてもらう仕組みを作るんです。

Iはもちろん、資産が減るというリスクも伴います。
ただ、Futurenetに限って言えば、一度投資が完了すれば自分が望まない限りはそれ以上手持ちが減ることはありません。
株やFXのように多額のお金を投じて0円になったり最悪追証になることもありません。

増える以外ないんです。

一緒に右側の人間、目指しませんか?