ここでは、「思い切ってやってみよう!」と勇気を出したあなたに、不労所得までのステップをお伝えします。
2017年5月現在、まだ日本人はほとんどいないようです。

だからこそ早いうちに上位になれる今がチャンスだと思います。
損してもどうせ1200円くらいだ」と思えば、ハードルがグッと下がりますよね。

ステップはとてもシンプル

1. ビットコインを入手する
2. Futurenetに登録する
3. 投資する(10$~)
4. 集客する(集客もWin-Winなので一緒に頑張りましょう!)

以上!
これから順番にご説明しますね。

ビットコインを入手する

ビットコインを既に持ってらっしゃる方はここはスルーして頂いてOKです。
もし持っていない方は、Coin checkというビットコインが買える取引所でビットコインを購入してみて下さい。

ビットコインの入手方法については、こちらに詳しく載せています。
Bitcoinの入手方法

Futurenetに登録する

本題の不労所得を生むためのSNS、Futurenetに登録します。
Futurenetとは何ぞや?という人はこちらへ ⇒ Futurenetとは?
メリットとデメリットについて説明しています。

アップラインのリーダーが、親切に登録方法の画像をLineで送ってくれました!
画像はいくら使用してもOKということで使わせて頂きます。(ありがとうございます!)

私はこちらを参考に、スマホでサクッと登録できました。

まず、キレイなお姉さんの画面が表示されるので、ご自身の情報を登録します。全部英語なので下記参考にしてみて下さい。
First Name:下の名前
Last Name:苗字
E-mail:メールアドレス
Repeat e-mail:同じメールアドレス
Date of birth:誕生日。クリックするとカレンダーが出ます
Username:アルファベットと数字が入ったものなら何でも
Password:ログインパスワード
Repeat password:同じパスワードを再入力
Female:女性
Male:男性
Resistration:登録

登録したメールアドレスに確認のURLが届くのでそれをクリック、ご自身で登録したIDとパスワードでログインできるか確認して下さい。

投資する

登録が完了したら、次は投資をします。
Coin checkもすぐ使うのでサイトやアプリを立ち上げていた方が良いでしょう。

Businessをクリック⇒Friends tree backofficeをクリックして進みます。

投資金額を決める


ここで、投資額を決めます。
投資のグレードが6段階あり、一番少額は10$になります。(そう、この10$です!)

もし最初から次の段階(例えば25$)にアップグレードしたい場合は、25$を追加して払います。
そうすると、全部で10$+25$=35$(約4000円)の投資となります。

 

このグレードによって、マッチングボーナスという紹介料の%が違います。
グレードが高いほど高い%でもらえます。

 

私は、日本で流行り始める事を期待して、いきなり100$のグレードを選択しました。
そうすると、100$を単純に払えば良いのではなく、一番下のグレードからステップアップするような形になるので、
10$+25$+50$+100$=185$(約22000円)を支払いました。

※後から追加で払ってアップグレードもできるので、まずは少額からもOKです。

 

支払い方法はいろいろあるのですが、日本で流通していないものが多く、今のところクレジットカードも不可のようです。
海外の銀行振り込みは手数料も高いので、ここでビットコインの登場です。

Bitcoinで支払う

ビットコインを選択すると、ビットコインアドレスと、指定の金額が表示されます。

ビットコインの価格は常時変動しているので、指定された時間以内に送金手続きをしなくてはいけません。

マニュアルの画像にはありませんが、すぐCoin checkのサイトに行きましょう。

1.サイトにある、「コインを送る」を選択
2.宛先にFuturenetで表示されているビットコインアドレスをコピー
3.Coin checkの宛先欄に貼り付け
4.Futurenetで表示されているTransfer amountの金額をコピー
5.Coin checkの金額欄に貼り付け
6.「送金する」ボタンを押します

ここでひとまず完了です。
お疲れ様でした!

集客する

あとは、あなたのIDが入ったFuturenetの登録画面を紹介し、誰かが登録して投資すると紹介手数料が入ります。
URLは、
http://あなたのID.futurenet.club
です。

ログインした画面右側に$アイコンがあり、「Your reflink」をクリックすると紹介用のURLが表示されます。

あとは、ツイッター・インスタグラム・ブログなどで宣伝していきましょう。