「支払いはビットコインで」

と言っても、ビットコインを持っていない方、初めて聞いた方にとっては、何が何だか分からないですよね。
日本では「仮想通貨」(本当の呼び方は暗号通貨だそうです)と呼ばれる最先端のデジタルマネーで、少しずつ日本にも浸透してき始めました。

なので、ここでは
ビットコインがさっぱり分からない状態から、コインを購入するまで
を、シンプルにお伝えします。

暗号通貨の投資は私もぼちぼち稼げているので、興味がある方はこのサイトもどうぞ⇒こちら

ビットコインはどこで手に入れる?

ビットコインは、「取引所」という、お金とコインを交換するサイトで購入します。
よく海外や日本でも空港に行くと外貨両替所がありますよね。簡単に言うと、あれと同じです。
そのため、取引所によって利率が違うようです。

私は、「Coin check」をメインに使っているのでその前提でお話しますね。

 

Coin check押しの理由は、画面がシンプルで簡単ということと、取引所とウォレットが併設されているのが理由です。

通常、コインは取引所とは別に「ウォレット」という通貨をためておく財布を開設する必要があります。 Coin checkは取引所とウォレットが一体になっているため、1度の登録で全部完結してしまうんです。

最近は二重パスワードなども導入し、セキュリティもさらに強化されているので、おススメです。

ビットコインを入手する為の、3つのやることリスト

  1. 口座を開設する
  2. 入金する
  3. コインを買う

以上!簡単です(笑)

ただ、取引できるまでに本人確認のできる身分証明書をアップロードする必要があります。
私の時は2日もかからずに取引できるようになったので、おそらくCoinchckの手続きフローが変わっていなければ比較的すぐに購入できるようになると思います。

口座を開設する

ここでは本当にあっさりと口座を開設する事ができました。

ちなみに、これはスマホから見た操作の画面です。
口座が開設できたら、次はビットコインを買うためのお金を入金します。

入金する

コインチェックへ資金を入金します。

「日本円を入金する」を選択すると、ユーザーIDと振込先が明記されているので「ユーザーID+自分の名前」で振り込みます。
ネットバンクを使うと、わざわざ銀行に行かなくても簡単に送金できますね。
しかも結構リアルタイムに自分のウォレットに入金額が表示されます。

コインを買う

いよいよビットコインを買います。
ビットコイン始め、暗号通貨は価格変動が激しいので、できるだけ安いうちに買えると良いですよね。

ただこればかりは分からないので、エイヤと買ってみましょう。

Futurenetは10$からなので、10$相当のビットコインを送金する必要があります。
為替差や、送金手数料もあるので、少し余裕を持って買うと良いかなと思います。余ったら、価格が上がってから売るもよし、他の送金につかうもよし。

 

※今もそうだと思いますが、Coincheckでは口座開設から入金後、ビットコインの送金ができるようになるまで、初回は1日ほどかかった気がします。
なので、口座開設→1時間後入金→1時間後送金のようなマッハな事はできないかもしれません。

以前、もう一つのブログに残した記事もあるので、良かったらご参考にどうぞ  →こちら